<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

free soulをききながら。

オトナと責任とは・・・・毎度毎度ぐるぐるするなー。

先週金曜日に後輩の結婚式に行ってきました。
自分の意識があるときとしては初めてになるだろうか。
かなりしっかりとした料理をたべ2次会まで参加し。
出費に驚き!これから訪れるだろう結婚ラッシュに
うなされそうだ・・・・

後輩というのは中学の生徒会の仲間であった。
彼女を含めた生徒会の仲間たちは年に一度会うか
会わぬかの仲だったけど(学校辞めてからね)、
ものすごいお互いをわかっているのかもしれないと
急に昔の時間を懐かしく思ってしまった。

ここ最近調子に乗って「もう満足です」みたいな
つもりになってたけど、いつだって過去を振り返りながら
生きていた俺にとっては最高の逃げ場だった。

ただ果てしなく、もうそこには戻れない「いま」を
みんなは抱えていたわけで。

お互いのことは大体何考えてるかわかるから
それでもお互いが違うものをもっててあらたなものを
作り出せるし。ぶつかってむっとしてたのは
まだこどもだったってことで。

続きはまた今度。
[PR]
by lionobu | 2005-09-26 21:51 | 日記

ほっとすぷりんぐ

そんなわけで休めない社会人はですね
火曜に倒れて水曜の昼からのそのそと
会社に出て出張し温泉だけを心のともに
遠くかなたへ出張へ向かったわけですよ、あなた。

宿の温泉だけが友なわけですよあなた。
そりゃイカロスもまっちゃおです(歌謡曲:『勇気ひとつを友にして』 を参照)

そーれなのにーそれなのーにー

そんなちっこい湯船ってどーゆーことだ!!
露天ぢゃないってどーゆーことだっ
混浴じゃ・・・bもあsどいふゅあr
なんでもねーずら。

いやとにかっく、無味無臭の温泉なので
入ってる気がしなくてね。

2日間別の宿でどちらもそうで。
しかも天井かびはえてーら。
みたいな。

ちょっと前まで40℃で死にそうなぺーぺーが
偉そうに温泉を批判しているわけですなこれ、
っと急に冷静さを取り戻しましたが。

やはり、イメージというものを勝手につくること
そこに対して過剰に期待をしていくこと
そして現実を見てげんなりすること
ここにクレームの根源があるのですね。

とものすごく勝手にまじめなふりして抽象化したところで
でも温泉よかったわーこれからも
温泉だけがトモダチっと思いながら
仕事のつらさの苦難を乗り越えようかと思いますっ(笑)

p.s.いちおう元気なんです。心配してください。
   すでに下さってる方、ありがとうございます。
   でも伝えてください僕に(・w・y
[PR]
by lionobu | 2005-09-10 17:36 | 日記

温かいお湯というものの価値

ご無沙汰しております。
今日もやらなあかん仕事を放置しつつ
家でぐったりまったりのぶーひこです。
皆様お元気してらっしゃいますでしょうか?

私、今週はびっくりしたでございますのよ。
なんと人生ではぢめての経験、しちゃったのでございますよ。

はぁ、はぁ、はぁ。
『犬がハァハァすることをパンティングという(トリビアより)』

ハァハァしちゃいました。


・・・いや、まぢめにいえばね
死ぬかと思ったんだけど。

なんと40℃を記録したのです!!

ちょっとそこ、うちの気温ぢゃないからねっ!!
俺の体温だから!!

びっくりしたよ。
会社行く前にやなよかんしてタンだけど、寒気の前兆があって
会社行って1時間ぐらいしたら寒くて震えが止まらなくなって
文字とかかけなくなって。
もうだめだと思って、これ。
怒られた直後で多忙最前線を行く上司に対して
「すみません相対させてください」ってゆうのに(早退ね)
トイレ2往復ぐらいして心の準備して
(↑こういうときって馬鹿だよね人間)
なんとかいって、その後病院行きました。

でかいだけのやぶな病院ですが(きっと80%の人がそう思うだろう)
早めにみてくださいといっても待たされ、
寒気に耐えられず看護婦さん(今はもはや死語だな。看護士さんだ)
にお願いしてベッドで横になって毛布4枚くらいかけて順番を待ち

『点滴でびゅう』 『座薬復帰』を果たし(ふらふらの患者に座薬を自分で入れろという神経が
わからなかった・・・いや入れられても困るけど)

寝ていて、体温計るとなんと40.0℃!!
絶対壊れてると思い計りなおしで39.9℃!!いいぇい!!
おれ、びょうにーん!!
誰にも文句は言わせねー是!
なんといおうと仕事はできねー是!!

などと思いながらまた寝て。
結局熱が少し下がり薬を薬局で別にもらうコロには
小酒井さんがライオンちゃんと一緒にさいころをまわしていた・・・・Orz

続く。
[PR]
by lionobu | 2005-09-10 17:25 | 日記