もんちゃん ~童話と交錯させてみる

むかーしむかしあるところに
人見知りで あまりにも奥ゆかしすぎて
人と話すのが苦手な5歳児がおりました。

5歳児は名をもんちゃんと申しました。

もんちゃんはなぜだかわからないけれど
知らない人の前にいくと顔が真っ赤になって
おしゃべりできなくなるのです。

でももんちゃんにだってうまく話せる相手はいます。
お母さんとか弟のむんちゃんとか
あとはあとは・・・
これはもんちゃんには内緒だけど
木や川や人じゃないものと話ができるのです。
勿論それらは何も応えてくれないけど
もんちゃんにはそれらが何を言ってるのかわかるのです。
実はわかったつもりになってるだけなんですけどね。

そんな5歳児もんちゃんもちょっとおませなお年頃。
みーちゃんを遠くから見ては仲良くおはなしできることを
夢見ているのでした。

続く
[PR]
by lionobu | 2005-10-14 23:57 | たんぺん。
<< もんちゃん第2話 ~はやくも先... 暗い子もーど。 >>