ほっとすぷりんぐ

そんなわけで休めない社会人はですね
火曜に倒れて水曜の昼からのそのそと
会社に出て出張し温泉だけを心のともに
遠くかなたへ出張へ向かったわけですよ、あなた。

宿の温泉だけが友なわけですよあなた。
そりゃイカロスもまっちゃおです(歌謡曲:『勇気ひとつを友にして』 を参照)

そーれなのにーそれなのーにー

そんなちっこい湯船ってどーゆーことだ!!
露天ぢゃないってどーゆーことだっ
混浴じゃ・・・bもあsどいふゅあr
なんでもねーずら。

いやとにかっく、無味無臭の温泉なので
入ってる気がしなくてね。

2日間別の宿でどちらもそうで。
しかも天井かびはえてーら。
みたいな。

ちょっと前まで40℃で死にそうなぺーぺーが
偉そうに温泉を批判しているわけですなこれ、
っと急に冷静さを取り戻しましたが。

やはり、イメージというものを勝手につくること
そこに対して過剰に期待をしていくこと
そして現実を見てげんなりすること
ここにクレームの根源があるのですね。

とものすごく勝手にまじめなふりして抽象化したところで
でも温泉よかったわーこれからも
温泉だけがトモダチっと思いながら
仕事のつらさの苦難を乗り越えようかと思いますっ(笑)

p.s.いちおう元気なんです。心配してください。
   すでに下さってる方、ありがとうございます。
   でも伝えてください僕に(・w・y
[PR]
by lionobu | 2005-09-10 17:36 | 日記
<< free soulをききながら。 温かいお湯というものの価値 >>