なにをおやじがえらそうに。

というわけで、大学のサークルのライブをみてきました。

全体的にかなりうまくなっていて割りと安心して見れるようになってました♪
それもこれも
ベーシストほぼ固定アンド音響機材充実のおかげじゃなかろうか・・・・
そうはいいつつも勿論みんなうまくなってるし。

でも年寄りのやっかみとしては
いままでわれわれが培ってきた歌があってこそ名のではと思うのです。
楽譜を実際に歌うにあたり、着地点をイメージできるということは
本当に大事なことだと思うのです。

現に今やり始めてるバンドでぇはまったく音源がないため、曲の完成のイメージが
まったく着きませんよ。

ですが、今の子達はわれわれが作り上げた楽譜を一度は耳にしたり
しているからそれをなぞるのは結構早い話じゃないかなとは思うのでしゅ。

その中でやっぱ自分で譜面を起こしてやってるところは、
危うい感じがする。でも絶対輝いてます。がんばってる。

ぐー、うらやましい。みんなに見てもらえる場所があるって。
そしてうまいって。

その素材を殺さないで音響さん!と心の中で唸ってました。

いろんな文句を言い散らしてきたけど、このサークル文句言う人少ないから
育ってほしいと思って指摘してるだけです。気に障る人いると思うけど
忠告を素直に受け入れてくれる人が多いから素敵ですよ。
[PR]
by lionobu | 2005-04-17 22:37 | 日記
<< うぬー あいかわしょうとかはどうでもよし。 >>